不動産物件の種類と所有形態について

不動産物件の種類として区分マンション、一棟マンション、一棟アパート、一戸建て、土地、アパートなどがあります。
区分マンションはマンションの一室を所有するもので、土地は各区分所有者での共有となります。
一棟マンション、一棟アパートはマンション、アパート全部を所有するもので土地も全てを所有するものです。
一戸建ては土地と建物を所有する場合、および建物のみを所有し、土地は地上権、借地権を持って利用する場合があります。
建物は基本的には一世帯のみで使用することが想定されています。
土地は建物が存在しない場合で土地のみを所有するものです。
場合によっては古すぎて使用できない古家が存在している場合もあります。
土地の場合は将来的にマンション、アパート、一戸建ての建設の他、駐車場として利用することも想定されます。
一棟マンション、一棟アパート、土地所有権の一戸建て、土地は所有者が自由に物件の建て替え等を決定できるのに対し、区分マンションの場合はマンションの建て替えは共有権者の合意がひつようとなります。